• トップ /
  • お金を払って得をする生命保険

相続税の支払いに必要なお金

お金を自分の生命保険にかけて得をする方法というのは、自己矛盾のようにも思えますが、いったいどのような内容なのでしょうか。というのは、この種の保険では、死亡保険金を受け取れるのは自分が死んだ時になるわけですから、自分が得をするということはあり得ないからです。ですから、この場合には、お金の投資効果を自分の相続人にまで拡大して考える必要があると言えます。また、自分の死後にお金のことで周りの人に迷惑をかけたくないと思っている方にとっても、効果のある方法であると言えるかもしれません。それでは、お金を自分の生命保険にかけることが、なぜ相続人のメリットになるのかといいますと、自分が死んだ後は、自分の預貯金や保有株式などの金融資産が、暫くのあいだ凍結されてしまうからです。つまり、このような状況では、期限内に支払わなければならない相続税のための現金が調達できなくなってしまう可能性が高いわけですが、このような場合に、生命保険に入っていると、現金がすぐに受取人に対して支給されることになるからです。しかも、この支給されるお金に対しては、税金がかかることもありません。ですから、相続税対策としてこの方法は効果があると言えるわけなのです。

お金の有益情報

↑PAGE TOP

Menu